空き家片付けサポート

top_akiya_blog001

line_akiya001

高齢化・核家族化、様々なご事情により都会や団地内、また過疎地でも空き家が増えています。私どもへのご相談も「どうしたらいいのか・・」、また独自のアンケートでも家財整理の悩みは多い悩みの一つとなっています。我が家や実家が空き家になり、「売りたい」「貸したい」「解体したい」「何かに活用したい」と思っても、最初のステップである家財が片付いていないので、次のステップに進めないケースは多くあります。その家財を全て捨ててしまうのであれば、廃棄業者様にお願いすれば一日で片付くのですが、それではなんとなく割り切れず、家財に手を付けられず悩んでいるという空き家所有者様が多くいらっしゃいます。今は空き家になっていても、「そこに暮らした人の遺品や思い出の物」「昔から代々ある物」など、捨てていいのかどうか、想いが残り決断できなくて困っているケースや、捨てると決めたけど、どう扱っていいかわからないというモヤモヤがあります。また、全て捨てると決めても、よく見てみると、契約書などの書類関係など大切なものが出てくるケースもあります。

line_akiya002

「空き家の片付けサポート」は、空き家の所有者さまを安心な解決に導く家財片付けサポートです。親族間や相続の問題も関わりコミュニケーションの必要性も強く感じておりますが、しっかりとしたヒアリングによる現状と悩みを把握して次のステップに導く「空き家の家財片付けサービス」です。

【空き家 家財整理の最終目的やご要望例】

  ●賃貸や売却の日程が決まっており、急ぎ片付けたい
  ●貸したい、売りたい
  ●相続をしたい
  ●解体して更地にしたい
  ●何かに活用したい
  ●きれいにして時には帰省して過ごしたい
  ●どうするか決まっていないけど、とりあえず片付けておきたい
  ●住んでいるけれど今のうちに整理したい

■家財片付けを急ぐ方へ


短時間で一切合財の家財処分を業者に依頼することも有効な方法ですが、いざ捨てるとなると大量の思い出のモノもあり、気持ちの踏ん切りがつかなかないですね。
「全て捨てる」と決めても、処分に悩むモノや大切な書類や契約書のような大切なモノが出てくることは
本当によくあります。ご家族の想いを大切にしながら分別の判断をします。
片付け中に出た重要な物は、的確にその都度お渡しをいたします。片付け過程で必要な業種をコーディネートします。
※基本は一緒に片づけますが、遠方の方やご事情などを聞かせて下さい。

■片付けは、まだまだ・・と思っている方へ


空き家を、そのまま放置し続けると、環境悪化や現所有者が他界された後、子や孫が残された家財をどう扱えばいいのかわからなくなったり、法定相続人の範囲もわからなくなり、手の付けようがなくなることもあります。今、わかっている人がいる間に、ご家族・ご親族で納得のいく整理をされてはいかがでしょう。まずはアドバイスから。

【空き家片付けサポートの主な特徴】


 ●「空き家の片付け」には処分ひとくくりではない現状があります。
  親族間の関係で進まない理由もあります。
  そのあたりのご事情をしっかりとお聴きすることを得意としています
 ●寄り添いの「想い出整理」を得意としています。
  手放すもの、大切なモノ、取っておくモノの選別や手放し処分準備、保存をご一緒に行います
  すべて捨てなくてもよい整理もあります
 ●ご自宅で保管するモノの片付けや収納をご希望によりサポートさせて頂きます
 ●ご要望の次のステップに向かうためのアドバイスや信頼のネットワークで最後までご案内をさせて頂きます。
 ●片付け後の空き家見守りをご希望の方はご相談ください


【空き家片付けサポートのメリット


 ●今、整理に着手しておくことで次の世代まで回さなくてすむ
 ●維持の負担が軽減される
 ●想い出のモノをプロに相談しながら片づけられるので安心
 ●捨てるだけではなく持つ方法も教えてもらえた
 ●ご近所や地域への気遣いもなくなる
 ●何から始めれば良いのか明確になった
 ●片づけた後の次のステップを考えられるようになった
 ●賃貸、リフォーム、土台基礎確認、解体、見守りのサポート体制で安心

akiya002

line_akiya004

Y様の場合


■ご依頼いただいたきっかけ

現在空き家になっている市街地にある築80年の狭小住宅を解体し、平地にして駐車場にしたいと考えて、古くからある家財を片付けようとしておられましたが、代々ある物や思いでの物をどう片付けていいかわからず、更に、現在住んでいる自治体が違うので、廃棄物の分別のしかたもわからず、自分たちでは出来ないと感じておられた、その時、湯上みどりの講演に参加され、話を聞いてみようと思われました。

■現 状:遠方にお住いの所有者

空き家をどうしたいかは決まっているけど、最初のステップである、家財片付けが思うように進まないので、次のステップに進めていなかった。先代からの古い物を休みのたびに片付けに来ていたが、価値ある物、懐かしい物、写真や個人情報の記載紙類がたくさんあり、どう扱っていいかわからない上に、地域が違うので分別もよくわからない状況でした。さらに、隣との境界もわからず数十年放置していた。

■解決策:まず、所有者の要望から最終目標を設定

まずは、家財整理から。着物や古い家具や家電、小物などをリサイクルへ。ご依頼者ご夫婦に片付けに同席頂きサポートいたしました。要不要から分別し、廃棄物業者へ引き渡し、同時に隣家との境界確定を進め相手方との話しに同席。家屋解体~処分、そして、駐車場業者による施工完了。空き家の専門家ネットワークによる解決ができました。

■所有者さまの感想

最終目標は決まっていたけれど、最初のステップである家財の片付けはとにかく厄介だった。捨てられないし、方法がわからない上に、現在、住んでいる地域が違い、分別の方法も違うので家財に関しては、とても困り悩んでいた。最終目標は既に決まっているので、全ての工程の見積りを数社に依頼したけれど、家財の片付けに関しては、他にサポートしてくれる業者がなかったのですぐに決めた。亡き両親の物なのに大切にしてくださって嬉しかった。こんなに寄りそってくれる人たちがいるんだと安心した。湯上さんに相談して本当に良かったといつも話しています。どの業者さんや法律の先生もみんな自分のことのようにしてくださり、作業もスムーズに進んだので、友人にも紹介したい。


ありがとうございます。ご家族の皆さんの温かな気持ちが嬉しく、誠心誠意の気持ちでサポートさせて頂けました。
素敵なご縁に感謝を申し上げます。 スタッフ一同

S様の場合


■ご依頼いただいたきっかけ

郊外の住宅地 築100年近く旧家があり、途中で増築した家屋も含めると大きな屋敷となっているが、両親の他界後、空き家となっている。近くにお住まいのS様は、ここを片付けて、兄弟が集まれる場所にしたいと考えていた。所有者の奥様が、少しずつ片づけをしていたが、義理の兄弟に気を使って、自分では取り扱いの判断ができないものが多いため、作業は進まず、手をこまねいていた。その時、湯上みどりの講座があることを知り、「何か参考になるかも・・・・・」と思い参加されました。その後、講座で学んだことを実践してみたのですが、「やはり自分ではできない・・・・」ということになり、問い合わせてこられました。まず、家財整理のみ。今後は自分で管理して親族で集まりたい。というご希望にそってプランニングいたしました。

■現 状:近くにお住いの所有者

両親亡きあと数年間放置し時々風を通す。ご仏壇はそのまま。増築を重ねて複雑な部屋割と収納。
納屋や屋根裏にも戦前からの物がそのまま放置。家具や日用品に至るまでそのままであり、所有者の奥様が片付けを少しずつしていたが、先代からの物や着物の扱いを義理の兄弟姉妹に気を遣い、多くの物を片付ける事ができない。

■解決策:どのようにしたいのかを明確にする

自分で判断処分のできる物と、親族にゆだねる物を明確に。近くに住む兄嫁に手伝ってもらう。ご主人のお姉さんに電話で数回、確認をしてコミュニケーションをとり判断する。貴重品や想い出の物、処分の物を仕分けて、自分で持ち込み処分と廃棄業者に依頼する物を分けた。

■所有者さまの感想

なかなか手を付けられなかった部屋や納戸や開かずの間も片付いた。なにより、主人の兄弟や姉に気を遣って片づけられなかったのに、間をとってもらって本当に良かった。あんなにたくさんあった物が片付いて軽くなって子供に迷惑をかけなくてもすんだ。処分の方法も教えてもらったし、料金も考えてもらったので安心した。片付けながら色々思い出して涙が出たけれどそばで一緒に片づけてもらえてよかった。


ありがとうございます。 長い間、しっかりと家を守ってこられたのですから義理の兄弟姉妹の方に気を遣いすぎず、
自信を持って判断されてください。私どもも、古い珍しい物をたくさん見せて頂いて勉強になりました。
ご縁に感謝申し上げます。  スタッフ一同

line_akiya003

【プラン1】アドバイス


「どこから、何から、どうすればよいのかわからない」「空き家をどうしたら一番いいのか」という声に応えます。
宅内外や状況を見て、家庭のご事情を聴き、解決へのアドバイスをします。
「自分で片づけたいので方法を教えてほしい」という方に、簡単な片付けを体験して頂きます。
 
 ・現状確認とヒアリングをもとに問題の解決に向けてのアドバイス
 ・ご自分で片づけられるようアドバイス

【プラン2】片付けサポート


私どもと一緒に、片付けていくプランです。
様々なご事情をお聴きした上でプランニングを行い、私どもと一緒に片付けていきます。
物の量、物への想い、工程、など、状況により片付け期間や方法が違いますが、手放すもの、大切なモノ、
取っておくモノの選別や手放し処分準備、保存をご一緒に行います。

 ・所有者の皆さんの気持ちに一緒に向き合い、要不要(持っておく物と処分の物)の判断を一緒にサポート
 ・思い出の家財の仕分け、保管収納、処分

【プラン3】コーディネート


片付けの一連のサポートに必要な工程や業種をコーディネートします
建築、法律、行政への書類等、関係各所へのご紹介をいたします。
 ・空き家整理の最終目的までの必要な業者や業種、法律関係、行政などコーディネート

line_akiya005

■アドバイス料金(プラン1)


●現地訪問の場合 10,000円(税別)/3時間まで
(現状を拝見することでより的確なアドバイス)
●指定場所の場合 6.000円(税別) /2時間まで ※写真ご持参可能です
(現地にお伺いできない場合、指定場所でお話をお聴きしたうえで解決へのアドバイスをいたします。)
※指定場所の場合、確実な片付けプランはお伝えできないケースがあります。ご了承下さい。

■片付けサポート料金(プラン2)


ご一緒に片づけは、現状内容やモノの量、日数などご要望などによって違ってまいりますので、お見積りをいたします。

■コーディネート料金(プラン3)

法的な事項など、弊社で介入できないことも多くありますので、別途、ご紹介させて頂きます。
一般社団法人さくらブリッジ


※各サポートにおいて遠方の場合は、交通費を頂くことがあります。

line_akiya006

akiya_nagare

【プラン1】アドバイスの場合


 1、お問合せ ⇒ 現状や問題点、ご要望をお聞きします
 2、現場またはご依頼者宅、指定場所にてアドバイス


【プラン2】片付けサポートの場合


 1、お問合せ ⇒ 現状や問題点、ご要望をお聞きします
 2、現場訪問
 3、プラン作り~お見積り作成~打合せ
 4、ご本人様立会いのもとモノの想い出整理を実施
   整理分別をしてゴミ出しの準備をします(処理方法は登録業者にて要相談)
   保管するものは定位置に収納します

【プラン3】コーディネートの場合


5、最終目標へ 
   片付け後のご要望によりコーディネートいたします。
   (解体、必要なリフォーム、維持見守り、利活用、相続その他)

line_akiya007

空き家の家財片づけでお困りの皆様へ・・・・・

空き家になった家財には、人が暮らしていた頃の生活の足跡や思い出の物が沢山あります。
全て捨ててしまおうとしても決心が付かなかったり、代々からある物の扱いに困ってしまったり
様々な想いが込められていて、何かモヤモヤが存在します。
また、全て捨てるとしても、物が多すぎて、どうすればいいかわからず、つい放置してしまう場合も少なくありません。
ご家庭により、状況は様々ですが、私どもは、そんな皆様の後押しをし、納得の整理ができるよう、家財整理のサポートを
ご提供しています。どうぞお気軽にお問合せください。

ban_akiya_toiawase